九州大学 工学研究院 機械工学部門

流体工学第一



科目番号: 6231
授業科目区分: 機械工学コース必修
対象学生: 機械工学コース
対象学年: 2年
開催学期: 後期
単位数: 2単位
担当教官: 井上雅弘教授・深野徹教授・古川明徳教授
履修条件: 特になし
目的: 地球に存在する大気が無くして人類の生存はない.また水の存在するところに文明は発達してきた.そのような大気(気体)や水(液体)を総称して呼ぶ流体の動きを理解し,活用することが文明と科学の発展をもたらす.この講義では,その第一歩として,流体が持つ性質と流体運動を支配する力学的諸法則を巨視的に学ぶ.
授業の概要:
第1週.流体の諸性質
第2週.流体の静力学
第3週.流体運動の基礎と諸法則(検査空間・質量保存則)
第4週.流体運動の基礎と諸法則(運動量保存則・角運動量保存則)
第5週.流体運動の基礎と諸法則(エネルギー保存則)
第6週.流体運動を表す諸法則の応用(検査空間と諸法則)
第7週.流体運動を表す諸法則の応用(内部流れと外部流れ)
第8週.流体運動を表す諸法則の応用(物体に働く流体力)
第9週.管路要素の諸損失(管路要素と損失)
第10週.管路系の損失(エネルギー保存則と損失)
第11週.次元解析と相似則
第12週.流体計測
授業の進め方: 教科書または講義中に配付するプリントに従って講義し,適宜演習を課す.
教科書
および参考図書:
教科書:深野徹著,わかりたい人の流体工学(I),裳華房
    (ただし,担当教官によって変更あり)
参考図書:日本機械学会編,機械工学便覧A5 流体工学,丸善
     (適宜,講義中に紹介する)
成績評価: 定期試験の成績に,出席状況および演習の理解度を加味して評価する.
備考: なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ