九州大学 工学研究院 機械工学部門

流体機械



科目番号: 6234
授業科目区分: 機械工学コース必修
対象学生: 機械工学コース
対象学年: 3年
開催学期: 後期
単位数: 2単位
担当教官: 井上雅弘教授・深野徹教授・古川明徳教授
履修条件: 特になし
目的: 機械エネルギーを流体に付与して流体を輸送したり,高圧ガス・真空ガスを作る.さらには流体が持つエネルギーを取り出して機械エネルギーに変換する.そのような変換装置を流体機械という.この講義では,流体機械の基本的分類・構造と作動原理,性能の特徴を理解し,用途に応じた機械選定と運転法について学ぶ.また流体機械の運転時に現れる様々な流動現象について基礎的知識を習得する.
授業の概要:
第1週.流体のエネルギーと流体機械の定義
第2週.流体機械の仕事と効率
第3週.流体機械の分類と作動原理
第4週.流体機械の作動原理
第5週.流体機械の相似則と比速度
第6週.流体機械の性能を表す理論
第7週.流体機械の特性曲線と運転点
第8週.キャビテーション現象
第9週.水撃現象
第10週.騒音
第11週.ポンプ・送風機・圧縮機の種類と用途
第12週.水車・タービン・流体伝達装置の種類と用途
授業の進め方: 教科書または講義中に配付するプリントに従って講義し,適宜演習を課す.
教科書
および参考図書:
教科書:井上雅弘・鎌田好久共著,流体機械の基礎,コロナ社
     (ただし,担当教官によって変更あり)
参考図書:日本機械学会編,機械工学便覧B5 流体機械,丸善
     (適宜,講義中に紹介する)
成績評価: 定期試験の成績に,出席状況および演習の理解度を加味して評価する.
備考: なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ