九州大学 工学研究院 機械工学部門

熱力学



科目番号: 6241
授業科目区分: 機械工学コース必修
対象学生: 機械工学コース
対象学年: 2年生
開催学期: 後期
単位数: 2単位
担当教官: 城戸 裕之 教授
履修条件: 特になし
目的: 科学的自然観の重要な一要素であり,機械工学の基礎課程の一つである熱力学の基礎を学習する.熱力学は,(1)平衡状態にある系の性質を論究し,(2)系が一つの平衡状態から別の平衡状態に移る際に,系と周囲との間に発生する相互作用を評価する.
授業の概要:

1.基礎概念
2.熱力学の第1法則
3.熱力学の第2法則
4.純粋物質の熱力学的性質
5.非可逆非静的過程
6.動力サイクル
7.燃焼過程
8.流動過程

授業の進め方: 講義プリントを用いて講義を行う.講義の後演習を行い、具体例通じて講義内容の理解を深めると同時に、厳密な取扱いと近似的取扱いの違いを認識し、実際の応用について理解を深める.演習の履修は不可欠であり、やむを得ず欠席するときは自習等によってその週の内にその内容を理解しておくことが不可欠である.
教科書
および参考図書:
講義プリント
参考書: GORDON VAN WYLEN ほか, FUNDAMENTALS OF CLASSICAL THERMODYNAMICS(JOHN WILEY& SONS); K. IYNKARAN ほか,BASIC THERMODYNAMICS(PRENTICE HALL), 伊藤猛宏 機械系熱力学の基礎上下(コロナ社)
成績評価: 学期末に試験を行い、演習の成績並びに出席状況と併せて成績を評価し、A, B, C, D, E, の判定を行う.D判定は再試験、E判定は再履修となる.
備考: なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ