九州大学 工学研究院 機械工学部門

蒸気エネルギー変換



科目番号: 6246
授業科目区分: 機械工学コース必修
対象学生: 機械工学コース
対象学年: 3年生
開催学期: 後期
単位数: 2単位
担当教官: 藤田恭伸教授
履修条件: 特になし.ただし、熱力学、伝熱工学の履修済が望ましい.
目的: 蒸気を動作媒体とするエネルギー変換の基礎を修得する.
授業の概要:
1.熱動力変換の熱力学
2.蒸気動力サイクル
3.ボイラ,タービン,復水器
4.コンバインドサイクル
5.コジェネレーション
6.ヒートポンプと冷凍機
授業の進め方: 配付資料とOHPを併用し、ノート(板書)講議を行う.演習は「熱科学演習第二」で行う.
教科書
および参考図書:
資料を適宜配付する.
成績評価: 期末試験の成績をベースに、出席点と演習の成績を加算して総合評価する.なお、遅刻は大幅な出席点の減点になる.
備考: 期末試験の成績不良による不合格は、出席状況が良好の場合でも再履修となる.
対象学生は,1学年を3クラスに分けたうちの1クラスの学生である.





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ