九州大学 工学研究院 機械工学部門

機械製作法第一



科目番号: 6251
授業科目区分: 機械工学コース必修
対象学生: 機械工学コース
対象学年: 2年生
開催学期: 後期
単位数: 2単位
担当教官: 竹増 光家 助教授
履修条件: 特になし
目的: 製造業の基礎になる機械工作法における変形加工および接合の基礎を修得する.
授業の概要:
1.序論

2.鋳造  (砂型鋳造法の概要,模型,鋳物砂,鋳型と造型,
       溶解,鋳造用金属材料,鋳造方案,特殊鋳造法,
       鋳造欠陥と検査)

3.塑性加工(概要,圧延,押出し,引抜き,鍛造,回転成形,
       せん断加工,曲げ加工,深絞り加工,高エネルギー
       速度加工)

4.溶接  (概要,融接,圧接,ろう付け,溶接の熱影響,
       溶接欠陥と検査,熱切断)

5.熱処理 (概要,焼なまし,焼ならし,焼入れ,焼戻し,
       特殊熱処理,表面硬化法,熱処理において生じる
       問題点)
授業の進め方: 主としてOHPを併用して講義をする.また講義中に適宜小テストを実施する.
教科書
および参考図書:
(教科書) 尾崎編のテキストを使用.
(参考図書) 千々岩健児編著,「機械製作法通論 上」,東京大学出版会.
堤信久・葉山益次郎著,「機械工作法(1)」,コロナ社.
成績評価: 定期試験の成績に,出席状況および小テストの成績を加えて総合判定する.
備考: なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ