九州大学 工学研究院 機械工学部門

基礎構造力学



科目番号: 6451
授業科目区分: 航空宇宙工学コース必修
対象学生: 航空宇宙工学コース
対象学年: 3年
開催学期: 前期 毎週2時間
単位数: 2単位
担当教官: 久能 和夫 教授
履修条件: 「材料力学」を履修していること。
目的: 航空宇宙機構造の設計を行うときに必要不可欠な力の伝達のメカニズムを 定量的及び直観的に把握することを学ぶ。まず最も基本的な構造である骨 組構造について静定、不静定構造の応力解析法、変位解析法を修得する。
授業の概要:

1.構造物とはどのようなものか
2.平面静定トラス構造物の定義,断面力,反力,仮想仕事法,変位解析法
3.平面不静定トラス構造物の断面力および変位解析法
4.トラス構造物の設計法
5.平面静定剛節構造物の定義と断面力,反力
6.平面静定剛節構造物の変形解析法,ひずみエネルギー
7.平面不靜定剛節構造物の断面力解析法と変形解析法
8.骨組構造物の設計と最適な構造


授業の進め方: 基本部分は講義形式で進められる。質問を受けることによって、理解を深 めながら授業を進める。
教科書
および参考図書:
教科書は利用せず、ノート講義と配布するプリントを併用する。
参考書は以下のとおり。
  1."Mechanics of Materials",
    S.P.Timoshenko and J.M.Gere.,D.Vanostrand Co.
  2."Intermediate Structural Analysis",
    C.K.Wang, McGraw-Hill, Inc.
成績評価: 「基礎構造力学」小試験結果、本試験結果を90%、出席を10%の配分とする。
備考: なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ