九州大学 工学研究院 機械工学部門

航空機空力性能



科目番号: 6471
授業科目区分: 航空宇宙工学コース必修
対象学生: 航空宇宙工学コース
対象学年: 3年
開催学期: 前期 毎週2時間
単位数: 2単位
担当教官: 桜井 晃 教授
履修条件: 「航空流体力学Ⅰ,Ⅱ」を履修していることが望ましい。
目的: 航空機全般についての概論、航空機の空気力学、性能、静安定とトリム、操縦などについての概論
授業の概要:

 1. 航空機の歴史、分類、形態
 2. 飛行機に働く力の釣り合いと無次元空気力係数、揚力の発生
 3. 二次元翼の性質 
 4.   〃  続き、高揚力装置
 5. 三次元翼の性質
 6. 抵抗の発生、圧縮性の影響
 7. 推進装置について
 8. 飛行機の性能
 9.   〃  続き
10. 飛行機の静安定
11. 操舵とトリム
12. 旋回飛行


授業の進め方: 主として講義形式をとり、随時演習を行う。
教科書
および参考図書:
教科書は利用せず、配布するプリントとノート講義を併用する。
参考書は適宜紹介する。
成績評価: 期末試験の成績と、出席及び宿題の結果を総合的に勘案して評価する。
備考: なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ