九州大学 工学研究院 機械工学部門

応用流体工学



科目番号: M731
授業科目区分: 大学院連携科目
対象学生: 機械工学コース
対象学年: 4年(大学院博士前期課程1年)
開催学期: 前期
単位数: 2単位(大学院博士前期課程)
担当教官: 井上雅弘教授・深野徹教授・古川明徳教授
履修条件: 特になし
目的: 学部での「流体工学第一」や「流体工学第二」の講義では,定常・単相流に限定して,その工学的取扱いについて学んできた.しかし実際の流れは,時間的に変動する,固体・液体・気体が混在する,気液界面をもつなど,非定常的・複合的となる.また複雑な三次元流れがほとんどであるので,一次元や二次元流れでは思い付かない複雑な挙動を示す.この講義では,非定常流,混相流,自由界面流れ,渦と二次流れを取り上げ,その現象の基礎的知識と解析手法について学ぶ.
授業の概要:
第1週.流れの基本的性質と諸法則[古川]
第2週.非定常流(液柱振動と過渡流れ)[古川]
第3週.非定常流(管内圧力波と水撃現象)[古川]
第4週.混相流(混相流の分類)[深野]
第5週.混相流(固液・固気二相流)[深野]
第6週.混相流(気液二相流)[深野]
第7週.自由表面流れ(水位勾配と流量)[古川]
第8週.自由表面流れ(常流と射流)[古川]
第9週.渦と二次流れ(流れと渦度)[井上]
第10週.渦と二次流れ(渦糸理論)[井上]
第11週.渦と二次流れ(渦糸が誘起する様々な二次流れ)[井上]
第12週.複雑系の流れ[井上・深野・古川]
授業の進め方: 教科書または講義中に配付するプリントに従って講義し,適宜演習を課す.
教科書
および参考図書:
参考図書:日本機械学会編,機械工学便覧A4 流体工学,丸善
     (適宜,講義中に紹介する)
成績評価: 定期試験の成績に,出席状況および演習の理解度を加味して評価する.
備考: なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ