九州大学 工学研究院 機械工学部門

塑性加工学



科目番号: M833
授業科目区分: 大学院連携科目
対象学生: 機械航空工学科 機械工学コース
対象学年: 4年生
開催学期: 前期
単位数: 2単位
担当教官: 竹増 光家 助教授
履修条件: 特になし
目的: 塑性理論の基礎と応用を修得する.
授業の概要:
1.序論            4.すべり線場理論
2.塑性理論           1.すべり線場と応力方程式
 1.応力            2.境界条件
 2.ひずみ           3.速度方程式とホドグラフ
 3.機械的仕事         4.速度および応力の不連続
 4.降伏条件          5.簡単なすべり線場の例
 5.応力とひずみの関係     6.応用例
 6.塑性仕事
 7.つりあい方程式
3.塑性加工の初等解析
 1.平面ひずみ問題
 2.鍛造
 3.丸棒の引抜き
 4.円筒深絞り加工
授業の進め方: テキストを配布し,ノート講義を行う.
教科書
および参考図 書:
春日保男著,塑性学及び加工,コロナ社.
野中直剛,中村保著,基礎塑性力学,日新出版.
成績評価: 中間試験,本試験,出席状況などを総合的に評価する.
備考: なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ