九州大学 工学研究院 機械工学部門

機械要素設計製図



学部/修士:学部
科目番号:6201
授業科目名:機械要素設計製図
授業科目区分:専攻教育科目
必修/選択:必修
対象学生:機械航空工学科 機械工学コース
対象学年:2年生
開催学期:後期
開催曜日・時限:木曜4・5時限(クラスA,B),水曜4・5時限(クラスC)
単位数:
担当教官:和泉直志 助教授・黒河周平 助教授(クラスA),竹増光家 助教授・大西 修 講師(クラスB),杉村丈一 助教授・澤江義則 助教授(クラスC)
履修条件:なし
授業の目的:機械工学分野に不可欠な機械要素と構造物に関する設計と製図の基礎を修得することにより,機械要素・材料と構造・機械設計・製図法の規則に関する知識と問題解決に対応できる能力を養う.また,社会のなかでのものづくりの意義を考える姿勢と,与えられた制約の下で計画的に設計作業を進める能力を身につける.
授業の目標:歯車動力伝動装置とトラス構造物の2テーマについて,講義と演習を通じて,回転軸,歯車,軸受に関する材料と強度,設計法,製図法,トラス構造,構造の軽量化に関する基礎知識とその応用能力を修得する.
授業計画:Ⅰ.歯車動力伝動装置の設計製図
  1.歯車および歯車伝動装置の理論と設計
  2.軸と軸受の理論と設計,設計演習(その1)
  3.設計演習(その2)
  4.設計演習(その3)
  5.製図(その1:構想図)
  6.製図(その2:構想図)
  7.製図(その3:構想図修正・トレース図)
  8.レポート作成
Ⅱ.トラス構造物の設計製図
  9.トラス構造と材料の強度
10.トラス構造の設計,設計演習(その1)
11.設計演習(その2)
12.設計演習(その3)
13.製図(その1)
14.製図(その2),レポート作成
授業の進め方:教科書および配付資料を使いながら,講義および設計計算・製図を行う.課題ごとに図面およびレポートの提出を求める.
教科書および参考図書等:教科書:精説 機械製図三訂版,和田稲苗・他4名著
試験・成績評価等:全授業回数の3分の2以上に出席し,歯車伝動装置中間提出物 10点,歯車伝動装置最終提出物 40点,トラス構造物最終提出物 40点,授業に対する取り組み方10点,の合計100点満点で評価し,60点以上を合格とする.
備考:指定する教科書および製図用具を,第1回の授業開始までに各自購入すること.





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ