九州大学 工学研究院 機械工学部門

熱力学



学部/修士:学部
科目番号:6241
授業科目名:熱力学
授業科目区分:専攻教育科目
必修/選択:必修
対象学生:機械工学コース
対象学年:2年
開催学期:後期
開催曜日・時限:火曜3時限
単位数:
担当教官:城戸裕之 教授(クラスB)
履修条件:なし
授業の目的:機械工学分野に不可欠な熱力学の基礎を修得することにより、エネルギーに関する知識と問題解決に応用できる能力を養う。
授業の目標:熱力学に関する基礎知識とその応用能力を修得する。すなわち、状態量と状態変化、熱力学の第一法則、熱力学の第二法則、状態方程式、エネルギーの形態と変換に関する知識を修得するとともに、実際の工業上の諸問題への応用能力を養い、それらの知識を適用する能力を身につける。
授業計画: 1.概論、系・物質・エネルギー、熱力学の微視的理解、温度と熱平衡
 2.熱量と比熱、状態量、単位系と単位、熱と仕事
 3.閉じた系の熱力学第1法則、準静的過程における閉じた系の熱力学第1法則
 4.開いた系の熱力学第1法則、理想気体における熱力学第1法則
 5.熱を仕事に変換する効率、熱機関のモデル化
 6.カルノーサイクルの性質、閉じた系の熱力学第2法則
 7.エントロピー
 8.エントロピーの利用
 9.エクセルギー解析の必要性、最大仕事の考え方
10.様々な系のエクセルギー
11.自由エネルギー、エクセルギー損失
12.熱力学の一般関係式、エネルギー式から導かれる一般関係式
13.比熱に関する一般関係式、内部エネルギーとエンタルピーの一般関係式
14.ジュール・トムソン効果、相平衡とクラペイロン・クラウジウスの式
授業の進め方:教科書を使いながら、講義を行う。
授業内容に関する演習は「熱力学演習」で行う。
教科書および参考図書等:教科書:日本機械学会「熱力学」JSMEテキストシリーズ

試験・成績評価等:全授業回数の3分の2以上出席した者に対してのみ期末試験を課す。出席日数が不足した者は再履修となる。期末試験の点数を90点、出席点を10点、の合計100点満点で評価し、60点以上を合格とする。
備考:本講義の演習科目「熱力学演習(科目番号6242)」の合否と本講義の合否は独立している。





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ