九州大学 工学研究院 機械工学部門

熱科学演習第一



学部/修士:学部
科目番号:6245
授業科目名:熱科学演習第一
授業科目区分:専攻教育科目
必修/選択:必修
対象学生:機械工学コース
対象学年:3年生
開催学期:前期
開催曜日・時限:月曜日・1時限
単位数:
担当教官:森 英夫 助教授(クラスA),高田保之 助教授(クラスB),吉田敬介 助教授(クラスC),北川敏明 助教授(クラスA,クラスBの半分),北原辰巳 助教授(クラスBの半分,クラスC)
履修条件:「伝熱工学(6243)」および「内燃機関(6244)」を履修済みか履修中であること. 
授業の目的:「伝熱工学(6243)」および「内燃機関(6244)」の講義の理解を深める.
授業の目標:「伝熱工学(6243)」および「内燃機関(6244)」の講義に関する演習を通して,当該科目に関連する諸問題を解決する能力を養う.
授業計画:1.蒸伝熱工学演習
  「伝熱工学(6243)」の講義内容に沿った演習を行う.
2.内燃機関演習
  「内燃機関(6244)」の講義内容に沿った演習を行う.
授業の進め方:「伝熱工学(6243)」および「内燃機関(6244)」の講義の進行とともに,上記演習1と2を週毎に変えて行う.
毎回,授業の始めに問題を与えて各自解答し,その後,解説を行い,各自の理解を深める.宿題(レポート)を課すことがある.
なお,初めの演習は講義に変更する場合がある. 
教科書および参考図書等:「伝熱工学(6243)」および「内燃機関(6244)」で使用するもの全て.
試験・成績評価等:上記演習1と2の各々で授業日数の2/3以上出席することが合格のための必要条件であり,これを満たしたものについて出席点60点,宿題(レポート)および授業への取り組み方に対する調査(授業中あるいは面接)による評価点40点の合計100点満点で評価し,60点以上を合格とする.
備考:「伝熱工学(6243)」および「内燃機関(6244)」の合否と本講義の合否は独立している.
不合格者は自動的に再履修となる.





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ