九州大学 工学研究院 機械工学部門

システム数理基礎



学部/修士:学部
科目番号:6261
授業科目名:システム数理基礎
授業科目区分:専攻教育科目
必修/選択:必修
対象学生:機械工学コース
対象学年:2年
開催学期:後期
開催曜日・時限:火曜日・3時限(クラスAとクラスB)と水曜日・4時限(クラスC)
単位数:
担当教官:近藤 英二 教授,岡田 伸廣 助教授
履修条件:なし
授業の目的:「機械とシステム」およびシステム工学に関する基礎を学ぶ.
授業の目標:システムの分類,表現および構造などのシステム理論の基礎を習得する.
システムの最適化,信頼性,待ち行列理論およびスケジューリングなどのシステム工学の知識を習得する.
授業計画:1.序論
2.システムの分類
3.数学的準備(その1)
4.数学的準備(その2)
5.可制御性と可観測性(その1)
6.可制御性と可観測性(その2)
7.最適性の原理
8.最適化問題,線形計画法(その1:序論)
9.線形計画法(その2:シンプレックス法)
10.線形計画法(その3:シンプレックス法),その他の最適化手法
11.システムの信頼性(その1:故障率,信頼度)
12.システムの信頼性(その2:冗長システム)
13.待ち行列
14.スケジューリング問題,PERT/CPM
授業の進め方:ノート講義を中心に,講義中に配布するプリントを用いて行い,適宜演習を行う.また,webを利用した説明も行う.
教科書および参考図書等:参考図書については授業中に適宜紹介する.
試験・成績評価等:全授業回数の2/3以上に出席し,その間の宿題を提出した者に対してのみ期末試験を課す.定期試験60点,出席点20点,演習20点の100点法で成績を評価し,合格点を60点以上とする.
備考:なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ