九州大学 工学研究院 機械工学部門

機械振動学



学部/修士:学部
科目番号:6214
授業科目名:機械振動学
授業科目区分:専攻教育科目
必修/選択:必修
対象学生:機械航空工学科 機械工学コース
対象学年:3年生
開催学期:後期
開催曜日・時限:火曜3時限(クラスA),火曜2時限(クラスB),水曜2時限(クラスC)
単位数:
担当教官:金光教授・雉本助教授(クラスA),近藤(孝)教授・松崎助教授(クラスB),末岡教授・井上(卓)助教授(クラスC)
履修条件:力学基礎・同演習I,II,工業力学(6211)および機械力学(6212)の内容を十分に理解しておくこと.また,機械振動学演習(6215)を必ず受講すること.
授業の目的:機械工学分野に不可欠な機械振動学の基礎を修得することにより,振動に関する知識と問題解決に応用できる能力を養う.
授業の目標:機械振動の多様性とその発生メカニズムの理解を通して,可能な限り抜本的な防振理論・技術の修得を目指す.また,その前提となる振動現象のモデル化の方法および自由振動,強制振動,振動解析法について学習する.
授業計画:1.振動一般(線形振動・非線形振動,振動現象とモデリング)
2.多自由度系の振動とモード解析(連成振動系の具体例とその特徴)
3.多自由度系の振動とモード解析(自由振動,固有振動数と固有モード)
4.多自由度系の振動とモード解析(モード解析の基礎,強制振動,共振)
5.振動数値解析(振動数方程式の求解法,固有値解析法,時刻歴応答解析法)
6.振動絶縁,振動制御(防振理論・技術の基本的な考え方,動吸振器)
7.振動絶縁,振動制御(各種ダンパ,アクティブ制御)
8.連続体の振動(連続体の振動と波動,波動方程式と波動解)
9.連続体の振動(定常振動解,固有振動数と固有モード)
10.連続体の振動(モード解析と級数解,強制振動解析)
11.連続体の振動(真直はりの曲げ振動)
12.エネルギー法による近似解法(レイリー法,レイリー・リッツ法,ガレルキン法)
13.振動解析法(伝達マトリックス法)
14.振動解析法(有限要素法)
授業の進め方:教科書を用いて,ノート講義を行う.並行して開講される機械振動学演習(6215)と密接な連携を図りつつ授業を進める.
教科書および参考図書等:教科書:末岡・金光・近藤著「機械振動学」朝倉書店
試験・成績評価等:2/3以上出席したものに対して,期末試験80点,レポート10点,出席点10点の合計100点満点で60点以上を合格とする.
備考:遅刻は一切認めない.
出席が2/3以上に達しないものは再履修となる.
毎回の講義で講義内容の理解度を自己診断してもらう.
機械振動学演習(6215)の合否と本講義の合否は独立している.





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ