九州大学 工学研究院 機械工学部門

設計工学第二



学部/修士:学部
科目番号:6223
授業科目名:設計工学第二
授業科目区分:専攻教育科目
必修/選択:必修
対象学生:機械航空工学科 機械工学コース
対象学年:3年
開催学期:前期
開催曜日・時限:火曜4時限(クラスA),金曜1時限(クラスB,C)
単位数:
担当教官:和泉直志 助教授(クラスA),杉村丈一 助教授(クラスB),村上輝夫 教授(クラスC)
履修条件:なし
授業の目的:機械の設計と製作に不可欠な機械要素の機能・構造・材料・強度,摩擦を伴う部位の諸問題を解決するトライボロジー,及びそれらを社会の要求に応えるべく計画し構成する設計の実際に関する知識を修得するとともに,設計に主体的に取り組む能力を養う.
授業の目標:ばね,クラッチとブレーキ,伝動装置,軸受,密封装置の機能・構造・材料・強度,及び摩擦・摩耗・潤滑に関する基礎知識を修得し,それらがどのように実際の機械システムで応用されているかを各自調査することにより,機械設計に関する理解を深める.
授業計画:1.ばね(その1)
2.ばね(その2)
3.クラッチとブレーキ(その1)
4.クラッチとブレーキ(その2)
5.伝動装置(その1)
6.伝動装置(その2)
7.伝動装置(その3)
8.軸受,案内及び密封装置(その1)
9.軸受,案内及び密封装置(その2)
10.軸受,案内及び密封装置(その3)
11.トライボロジー(その1:摩擦と潤滑1)
12.トライボロジー(その2:摩擦と潤滑2)
13.トライボロジー(その3:流体潤滑1)
14.トライボロジー(その4:流体潤滑2)
授業の進め方:教科書およびプリントを用いて,ノート(OHP,板書等)講義を行う.適宜演習を行いレポート課題を課す.
教科書および参考図書等:教科書:兼田・山本著「基礎機械設計工学」理工学社
試験・成績評価等:全授業回数の3分の2以上に出席し,課題をすべて提出したものに対して期末試験を実施し,期末試験60点,レポートと演習40点の合計100点満点で評価し,60点以上を合格とする.
備考:なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ