九州大学 工学研究院 機械工学部門

流体工学第二



学部/修士:学部
科目番号:6232_AB1
授業科目名:流体工学第二
授業科目区分:専攻教育科目
必修/選択:必修
対象学生:機械工学コース
対象学年:3年生
開催学期:前期
開催曜日・時限:金曜・1時限
単位数:
担当教官:古川雅人 助教授(クラスAおよびクラスBの半分(B1))
履修条件:なし
授業の目的:文明や科学技術の発展には流体が関与するところが多い.流体を有効に活用するには,その性質を知り,流体が引き起こす様々な現象を理解することが重要である.本講義では,流体の諸現象を数式的に解析する手法を学び,現象が生じるメカニズムを理解する基礎的知識を修得することにより,問題解決に応用できる能力を養う.
授業の目標:機械工学の主要分野とされる「エネルギーと流れ」における状態量と状態変化.質量と運動量の保存,エネルギー保存則を取り上げ,流れを数理的に捉えることにより諸現象・諸問題を解決する応用能力を修得するとともに,理想気体の力学,層流と乱流,粘性流体の力学,圧縮性流体の力学,衝撃波,翼と翼列,渦に関する考え方・知識を理解する.
授業計画:1.流体運動の基礎式(流体運動の微視的取り扱い)
2.流体運動の基礎式(連続の式と渦度)
3.流体運動の基礎式(Navier-Stokesの式とEulerの式)
4.完全流体の力学(複素ポテンシャル)
5.完全流体の力学(様々なポテンシャル流れ)
6.完全流体力学(鏡像法と等角写像,翼作用)
7.完全流体力学(循環と渦)
8.粘性流体の力学(粘性流体の挙動)
9.粘性流体の力学(層流とその解析)
10.粘性流体の力学(乱流とその解析)
11.粘性流体の力学(翼と翼列,揚力と抗力)
12.圧縮性流体の力学(音速とじょう乱波の伝播)
13.圧縮性流体の力学(等エントロピー管内流)
14.圧縮性流体の力学(衝撃波)
授業の進め方:教科書または講義中に配付するプリントに従って講義し,適宜演習を課す.
教科書および参考図書等:教科書 深野徹著,わかりたい人の流体工学(Ⅱ),裳華房
参考書:日本機械学会編,機械工学便覧A5 流体工学,丸善
試験・成績評価等:全授業回数の2/3以上に出席した者に対してのみ期末試験を課す.期末試験の点数80点,ミニ演習10点,授業への取り組み方10点,の合計100点満点で評価し,60点以上を合格とする.
備考:本講義の演習科目「流体工学演習(科目番号6233)」の合否と本講義の合否は独立している.





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ