九州大学 工学研究院 機械工学部門

機械製作法第二



学部/修士:学部
科目番号:6253
授業科目名:機械製作法第二
授業科目区分:専攻教育科目
必修/選択:必修
対象学生:機械工学コース
対象学年:3年
開催学期:前期
開催曜日・時限:木曜日1時限 ・ 木曜日2時限
単位数:
担当教官:有浦 泰常 教授 ・ 黒河 周平 助教授
履修条件:なし
授業の目的:機械工学分野に不可欠な機械製作おける除去加工の基礎を修得することにより、生産に関する知識と応用能力を養う。
授業の目標:加工法に関する基礎知識と応用能力を修得する。すなわち、除去加工(切削法・研削法・精密加工など)、工作機械、精密測定に関する知識を習得するとともに、実際の生産に応用する能力を養う。
授業計画:  1.機械加工概説(その1)
  2.機械加工概説(その2)
  3.切削(その1-切削機構、工具形状)
  4.切削(その2-切削抵抗、切削条件)
  5.切削(その2-工具材料、工具寿命)
  6.切削(その4-切削温度、切削油剤、被削性)
  7.精密測定(その1-測定誤差、長さの基準、機械的測定)
  8.精密測定(その2-光学的測定、マイクロ・ナノ計測)
  9.各種の切削作業(その1-旋削、穴あけ)
10.各種の切削作業(その2-フライス削り、平削り・形削り)
11.各種の切削作業(その3-NC(数値制御)加工、マシニングセンタ)
12.研削(その1-研削作業、研削砥石、研削盤)
13.研削(その2-砥石の成形、研削抵抗および研削熱)
14.仕上げ・組立作業および治具
授業の進め方:板書およびOHPによりテキストの図・表等を示し,詳細な解説を行う.また、機械加工および各種の工作機械等の図・写真を示すことにより,機械工作の実際を理解させる.2年後期で体験した機械工作実習も参考にさせる.5回以上のミニ演習を行う。 
教科書および参考図書等:図・表を中心としてテキストを使用する。 
試験・成績評価等:全授業の3分の2以上に出席した者に対して期末試験を課す。期末試験80点、ミニ演習10点、授業に対する取組み10点の合計100点満点で評価し、60点以上を合格とする。
備考:なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ