九州大学 工学研究院 機械工学部門

弾性力学第二



学部/修士:学部
科目番号:6275
授業科目名:弾性力学第二
授業科目区分:専攻教育科目
必修/選択:選択
対象学生:航空宇宙工学コース,他
対象学年:3年生
開催学期:後期
開催曜日・時限:月曜・4時限
単位数:
担当教官:野口博司 助教授
履修条件:なし
授業の目的:機械工学分野に不可欠な弾性力学の基礎を修得することにより,応力場の概念を理解するとともに,問題解決に応用できる能力を養う.
授業の目標:弾性力学第一に続いて,エネルギー原理を基礎として有限要素法の基本的な考え方,薄板の曲げおよび薄肉円筒の変形の問題,熱応力,弾性接触応力の解法と実際の問題への応用をめざす.
授業計画:1. エネルギー原理
 ・ 応力,ひずみとひずみエネルギーの関係
 ・ 仮想仕事の原理
 ・ 相反定理
 など弾性理論の基本を学ぶ.

2. 有限要素法
  現在,世界的に最も利用されているコンピュータによる応力解析の基本原理の理解と応用について学ぶ.

3.薄板の曲げ
  多くの構造体の基本構成部材の1つである薄い長方形板や円板の変形と応力解析を学ぶ.

4.薄肉円筒
  圧力容器やシェルの変形と応力解析の基本問題を学び,種々の発展問題への応用も考える.

5.熱応力
  温度分布の不均一によって生じる応力の考え方を学ぶ.熱応力によって生じる破壊問題,実際問題における注意事項を学ぶ.

6.接触応力
  歯車,圧延ロール,レール,軸受などの接触
授業の進め方:講義終了後,簡単な演習を行う。
教科書および参考図書等:教科書:村上敬宜著,「弾性力学」,養賢堂
試験・成績評価等:成績評価は,試験の点数80点,演習の点数20点の合計100点で評価し,60点以上を合格とする.
備考:





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ