九州大学 工学研究院 機械工学部門

熱物質移動論



修士/連携:大学院連携科目
科目番号:M741
授業科目名:熱物質移動論
授業科目区分:大学院連携科目
必修/選択:選択
対象学生:機械科学専攻
対象学年:修士課程1年生,4年生
開催学期:前期
開催曜日・時限:火曜日・1時限
単位数:
担当教官:高松洋 教授
履修条件:伝熱工学を取得済みであること.
授業の目的:専門技術に関する知識とそれらを問題解決に応用できる能力を身につける.
授業の目標:様々な伝熱現象のうち,相変化を伴う沸騰・凝縮にターゲットを絞って,それらの現象のメカニズムを理解するとともに,伝熱設計や工業上の諸問題を解決する知識と能力を身につける.
授業計画:1.物質の状態と相
2.表面張力と界面張力
3.気液界面の不安定現象
4.凝縮の概要
5.膜状凝縮
6.滴状凝縮
7.凝縮伝熱促進
8.沸騰の概要
9.核生成と沸騰開始
10.核沸騰
11.限界熱流束
12.遷移沸騰と極小熱流束
13.膜沸騰
14.沸騰伝熱促進

授業の進め方:OHP(またはパワーポイント)を用いて講義を行う.
教科書および参考図書等:なし.
教員が講義用に準備したOHPの縮小版を,講義用資料として予め配布する.
試験・成績評価等:全授業回数の3分の2以上に出席した者に対し期末試験を課す.期末試験の点数を50点,宿題(レポート)を20点,出席点20点,授業に対する取り組み方10点,合計100点満点で評価し,60点以上を合格とする.
備考:なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ