九州大学 工学研究院 機械工学部門

授業科目区分

専攻教育科目

授業対象学生及び学年等

機械航空工学科(機械工学コース,必修)3年生

授業科目コード

6213

授業科目名

機械力学演習

講義題目

 

授業方法及び開講学期等

通常授業・集中講義・臨時

前期・金曜1時限(A),火曜2時限(B),水曜1時限(C)

通常授業

単位数

1

担当教員名

近藤孝広教授,松崎健一郎助教授(クラスA)

t-kondou@mech.kyushu-u.ac.jp,matsu@mech.kyushu-u.ac.jp

末岡淳男教授,井上卓見助教授(クラスB)

sueoka@mech.kyushu-u.ac.jp,takumi@mech.kyushu-u.ac.jp

金光陽一教授,雉本信哉助教授(クラスC)

kanemitu@mech.kyushu-u.ac.jp, kiji@mech.kyushu-u.ac.jp

履修条件

力学基礎・同演習I,IIおよび工業力学(6211)の内容を十分に理解しておくこと.機械力学(6212)を履修済みか履修中であること.

授業の概要

機械力学の講義内容を主とした動力学の基礎について理解を深めるため,例題解説,演習を行う.

全体の教育目標

機械工学分野に不可欠な動力学の基礎を習得することにより,運動の法則と振動に関する基礎知識と問題解決に応用できる能力を養う.

個別の学習目標

動力学の基礎のうち,エネルギー概念,解析力学,1自由度系の振動,回転機械・往復機械の力学,およびこれらの前提条件である質点,質点系,剛体の力学に関する演習,解説を行うことで,工業上の諸問題への応用力を養い,これらの基礎知識を適用する能力を身につける.

授業計画

機械力学の講義内容に沿った演習を行う.
なお,機械力学の講義内容の基礎部分である,工業力学あるいは力学基礎・同演習I,IIの内容に関する演習も含む.

キーワード

エネルギー,解析力学,1自由度系の振動,回転機械の力学,往復機械の力学

授業の進め方

授業時間の前半では,教科書を用いて例題の解説を行い,後半では,問題を与え各自で解答させた後,解説を行う.

授業時間のすべてを使って,例題解説あるいはテスト形式の演習を行う場合もある.

機械力学の講義に変更する場合もある.

教科書及び参考図書

教科書:末岡淳男・他4名著,「機械力学演習」,森北出版

 末岡淳男・綾部隆著,「機械力学」,森北出版および配付資料

参考書:金光陽一・末岡淳男・近藤孝広著,「機械力学」機械系のダイナミクス,朝倉書店

学習相談

やむを得ない場合を除き,毎週水曜日16:30〜17:30,各担当教員室にて.ただし,電子メールなどで相談日時を事前に打ち合わせれば,この限りではない.

試験・成績評価の方法等

授業回数の2/3以上の出席が合格のための必要条件となる.この条件を満たした者について,演習の成績80点,授業への取り組み方による評価点20点の合計100点で評価し,60点以上を合格とする.ただし,白紙に近い答案は出席と見なさないので注意すること.

その他

出席が2/3以上に達しない者は自動的に再履修となる.

演習内容のわからない部分は自己申告すること(演習の解答用紙に記入する).以後の演習の参考とする.

本演習の合否と機械力学(6212)の合否は独立している.


注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

授業科目一覧 | 教務関係のページ



九州大学大学院機械科学専攻 <webmastr@mech.kyushu-u.ac.jp>
このページの先頭へ