九州大学 工学研究院 機械工学部門

授業科目区分

専攻教育科目

授業対象学生及び学年等

機械航空工学科(機械工学コース,必修)3年生

授業科目コード

6281

授業科目名

機械計算法

講義題目

 

授業方法及び開講学期等

通常授業・集中講義・臨時

前期・月曜3時限

通常授業

単位数

担当教員名

金山 寛  教授

 kanayama@mech.kyushu-u.ac.jp

塩谷 隆二 助教授

 shioya@mech.kyushu-u.ac.jp

 

履修条件

情報処理概論を受講済みであること.

授業の概要

機械工学コースで必要となる数値計算法について,アルゴリズムの基礎的な数理から実用的な応用に至るまで,いくつかの計算課題に対し標準的な手法を学ぶ.

全体の教育目標

機械工学の実際の数値シミュレーション応用問題に際して,すでに身につけた計算機利用の基礎技術をもとに,適切な数値計算法を選択し,必要ならそれを実行するための基本的知識を身につける.

個別の学習目標

上記の目的を達成するために以下の事項に関する知識・能力を身につける.

・数値計算やシミュレーションに用いる基本アルゴリズムの選択

・プログラミング言語Cによる数値計算アルゴリズムの実装

・計算機ネットワークを用いての実践

授業計画

1. 講義計画・参考文献の紹介, 成績評価方針の説明等

2. 数値計算の基礎知識

3. 基本的な操作と演算

4. 連立一次方程式の直接解法

5. 非線型方程式

6. 連立一次方程式の反復解法

7. 関数近似と補間

8. 数値積分

9. 常微分方程式
10. 固有値問題
11. 多倍長演算

 

キーワード

数値計算, シミュレーション

授業の進め方

教科書を用いて講義を行う.

途中で何度か演習問題を宿題として出し,レポートの提出を求める.

教科書及び参考図書

皆本晃弥著「C言語による数値計算入門 解法・アルゴリズム・プログラム」

(サイエンス社)

学習相談

授業用に設けた電子掲示板での公開質疑を原則とする.E-mailによる個別相談や面談はそれが必要となったときに行う.

試験・成績評価の方法等

期末試験の成績50点,宿題レポートによる成績50点の合計100点満点で成績を評価し,60点以上を合格とする.

その他

宿題レポートによる成績50点は平常の学習ぶりを見るものであり, この点数が10点未満のものは,期末試験に満点の50点をとっても不合格になるので注意されたい.


注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

授業科目一覧 | 教務関係のページ



九州大学大学院機械科学専攻 <webmastr@mech.kyushu-u.ac.jp>
このページの先頭へ