山口哲生のウェブサイトへようこそ!
更新日: 14 May 2019
Here is my English website.
-----------------------------------------------------------------
Profile
- 1971年12月 熊本県熊本市生まれ
- 2000年4月〜2004年9月 会社勤め
- 2007年3月 東京大学大学院工学系研究科博士課程(短縮)修了
- 2007年4月〜10月 ESPCI(パリ市立工業物理化学専門学校)
C. Cretonグループ 博士研究員
- 2007年11月〜2011年11月 東京大学大学院工学系研究科
物理工学専攻土井研究室 助教
- 2011年11月〜2012年9月 九州大学大学院工学研究院
機械工学部門 学術研究員(特任准教授)
- 2012年10月〜 九州大学大学院工学研究院
機械工学部門設計工学研究室 准教授
(履歴書は こちら にあります)

趣味ランニング(ハーフ 1時間19分58秒,2017年2月)
-----------------------------------------------------------------
Lecture
■講義・実験・実習 - 図形科学(学部,前期)
- 創造設計(学部,前期)
- 機械工学大意第一(学部,前期)
- ソフトマター工学(大学院,前期)
- 生体工学特論(大学院,前期)


Research

■研究内容 ゴムやゲルのような,やわらかい粘弾性体の粘着・剥離・すべり摩擦現象 に興味を持っています. このような材料は,引っ張ったり剥がしたり滑らせたりしようとすると, 時空間的に不均一な変形を生じます.不均一な変形を生じるメカニズムや 力学特性との関係は,基礎的にはレオロジー,破壊動力学,地震現象などの問題 として重要であるだけでなく,ゴムやゲルの強靭性の向上,粘着性のコントロール, 高分子材料の成形加工,軟骨を模擬した人工関節の開発など,応用的にも重要です. 現時点では,巨視的な実験や現象論の構築に的を絞って研究を行っていますが, 上記現象にとって本質的な, 多階層性や非平衡ゆらぎの観点も持ちつつ 研究を進めていきたいと思っています.

研究テーマ
- 柔らかい粘弾性体の粘着・剥離とキャビテーションのダイナミクス(実験・理論・数値計算)
- ヤモリの粘着・摩擦機構(実験・理論)
- ゲルのすべり摩擦におけるパターン形成(実験・理論)
- 吸水性樹脂(ハイドロゲル粒子)の膨潤過程における座屈現象(実験)
- ゲルを用いたプレート境界型巨大地震の室内実験(実験)
- ハイドロゲルにおける固液二相性潤滑ダイナミクス(実験・理論)
- モデル高分子ネットワークのジオメトリー・トポロジーと破壊(実験・数値計算)
- 座屈・破壊・すべりの高精度発生予測(実験・理論・数値計算)
- メカニカルメタマテリアルの振動モード解析と力学特性(実験・理論・数値計算)
- 樹脂のすべり摩擦における摩耗・焼付きの動力学(実験・理論)
■最近の論文 [1] Y. Kusaka, M. Mizukami, T. Yamaguchi, N. Fukuda, H. Ushijima, Patterning defects in high-speed reverse offset printing: lessons from contact dynamics, J. Micromech. Microeng. 29, 045001 (2019).
[2] T. Yamaguchi, C. Creton, M. Doi, Simple model on debonding of soft adhesives, Soft Matter 14, 6206-6213 (2018). (Selected as Front Cover)
[3] T. Yamaguchi, R. Sato, Y. Sawae, Propagation of Fatigue Cracks in Friction of Brittle Hydrogels, Gels 4, 53 (2018). (Selected as Feature Paper)
[4] T. G. Sano, T. Yamaguchi, H. Wada, Slip Morphology of Elastic Strips on Frictional Rigid Substrates, Physical Review Letters 118, 178001 (2017).
[5] D. Necas, Y. Sawae, T. Fujisawa, K. Nakashima, T. Morita, T. Yamaguchi, M. Vrbka, I. Krupka, M. Hartl, The Influence of Proteins and Speed on Friction and Adsorption of Metal/UHMWPE Contact Pair, Biotribology 11, 51-59 (2017).
[6] T. Murakami, S. Yarimitsu, N. Sakai, K. Nakashima, T. Yamaguchi, Y. Sawae, A. Suzuki, Superior lubrication mechanism in poly (vinyl alcohol) hybrid gel as artificial cartilage, Proc. Inst. Mech. Engineers 231, 1160-1170 (2017).
(論文リストはこちら です)
■受賞 [1] 2018年11月 International Conference on Engineering Tribology and Applied Technology 2018: Best Paper Award
[2] 2018年11月 日本機械学会計算力学講演会 優秀講演表彰
[3] 2017年9月 日本機械学会2017年度年次大会「ソフトマター・イノベーション」やわらか大将(大賞)
[4] 2015年11月 Best Presentation Award, Malaysian International Tribology Conference
[5] 2011年5月 日本接着学会進歩賞
[6] 2010年5月 Journal of the Physical Society of Japan, Papers of Editors' Choice(高田君,土井先生との共同研究)
[7] 2007年12月 日本ゴム協会第19回エラストマー討論会 若手研究発表の部・優秀発表賞
[8] 2006年6月 日本接着学会第44回年次大会 日東電工賞 ベスト・ポスター賞
■最近の研究発表
(山口発表分のみ)
[1] 山口哲生,ネットワーク状材料を強靭化するためのトポロジカルデザイン,日本物理学会年次大会シンポジウム「しなやかなマテリアルデザイン -構造力学から折り紙、切り紙、メタマテリアルまで-」,九州大学(2019年3月).
[2] T. Yamaguchi, Topology and Toughening of Model Crosslinked Polymers, Gelsymposium 2018, Yamagata University, Yonezawa (Aug. 2018).
[3] T. Yamaguchi, Topology and fracture of network materials, Workshop on Rheology of disordered particles, Yukawa Institute for Theoretical Physics, Kyoto University (Jun. 2018).
[4] (Keynote lecture) T. Yamaguchi, Fracture of Model Polymer Networks, PRCR2018, Korea (Jun. 2018).
■所属学会 - 日本物理学会
- 日本地震学会
- 日本機械学会
- 日本トライボロジー学会
- 日本接着学会
- Americal Geophysical Union
- 地球惑星科学連合
-----------------------------------------------------------------
Address
〒819-0395 福岡県福岡市西区元岡744
九州大学大学院工学研究院機械工学部門 設計工学研究室
Phone: 092-802-3072
Email: yamaguchi★mech.kyushu-u.ac.jp