山口哲生のウェブサイトへようこそ!
更新日: 29 Mar 2016
Here is my English website.
-----------------------------------------------------------------
Profile
- 1971年12月 熊本県熊本市生まれ
- 2000年4月〜2004年9月 会社勤め
- 2007年3月 東京大学大学院工学系研究科博士課程(短縮)修了
- 2007年4月〜10月 ESPCI(パリ市立工業物理化学専門学校)
C. Cretonグループ 博士研究員
- 2007年11月〜2011年11月 東京大学大学院工学系研究科
物理工学専攻土井研究室 助教
- 2011年11月〜2012年9月 九州大学大学院工学研究院
機械工学部門 学術研究員(特任准教授)
- 2012年10月〜 九州大学大学院工学研究院
機械工学部門設計工学研究室 准教授
(履歴書は こちら にあります)

趣味 スノーボード, ランニング
-----------------------------------------------------------------
Lecture
■講義・実験・実習 - ソフトマター工学(大学院)
- 創造設計
- 機械要素設計製図
- 機械設計第一・同演習


Research

■研究内容 ゴムやゲルのような,やわらかい粘弾性体の粘着・剥離・すべり摩擦現象 に興味を持っています. このような材料は,引っ張ったり剥がしたり滑らせたりしようとすると, 時空間的に不均一な変形を生じます.不均一な変形を生じるメカニズムや 力学特性との関係は,基礎的にはレオロジー,破壊動力学,地震現象などの問題 として重要であるだけでなく,ゴムやゲルの強靭性の向上,粘着性のコントロール, 高分子材料の成形加工,軟骨を模擬した人工関節の開発など,応用的にも重要です. 現時点では,巨視的な実験や現象論の構築に的を絞って研究を行っていますが, 上記現象にとって本質的な, 多階層性や非平衡ゆらぎの観点も持ちつつ 研究を進めていきたいと思っています.

研究テーマ
- 柔らかい粘弾性体の粘着・剥離とキャビテーションのダイナミクス(実験・理論)
- ヤモリの粘着・摩擦機構(実験・理論)
- ゲルのすべり摩擦におけるパターン形成(実験・理論)
- ゲルを用いた地震のモデル実験
- 吸水性樹脂(ハイドロゲル粒子)の膨潤過程における座屈現象(実験)
- ハイドロゲルにおける固液二相性潤滑ダイナミクス(実験)
- モデル高分子ネットワークのジオメトリー・トポロジーと破壊
- 座屈・破壊・すべりの高精度発生予測
■最近の論文 1) L. Zhang, Y. Sawae, T. Yamaguchi, T. Murakami, H. Yang, Effect of radiation dose on depth-dependent oxidation and wear of shelf-aged gamma-irradiated ultra-high molecular weight polyethylene (UHMWPE), Tribology International, 89, 78 (2015)
2) T. Murakami, N. Sakai, T. Yamaguchi, S. Yarimitsu, K. Nakashima, Y. Sawae, A. Suzuki, Evaluation of a superior lubrication mechanism with biphasic hydrogels for artificial cartilage, Tribology International, 89, 19 (2015)
3) T. Yamaguchi, A. Akamine, Y. Sawae, Bio-inspired Tribology (abstract in English), The Society of Rubber Science and Technology, Japan, 88, 55 (2015)
4) L. Zhang, Y. Sawae, T. Yamaguchi, T. Murakami, H. Yang, Investigation on oxidation of shelf-aged crosslinked Ultra-High Molecular Weight Polyethylene (UHMWPE) and its effects on wear characteristics, Tribology Online, 10, 1 (2015)
5) T. Murakami, S. Yarimitsu, K. Nakashima, T. Yamaguchi, Y. Sawae, N. Sakai, A. Suzuki, Superior lubricity in articular cartilage and artificial hydrogel cartilage, Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers, Part J: Journal of Engineering Tribology, 228, 1099 (2014)
6) A. Namiki, T. Yamaguchi, I. Sumita, T. Suzuki, S. Ide, Earthquake model experiments in a viscoelastic fluid: A scaling of decreasing magnitudes of earthquakes with depth, Journal of Geophysical Research: Solid Earth, 119, 3169 (2014)
(論文リストはこちら です)
■受賞 1) 2006年6月 日本接着学会第44回年次大会 日東電工賞ベスト・ポスター賞
2) 2007年12月 日本ゴム協会第19回エラストマー討論会 若手研究発表の部・優秀発表賞
3) 2010年5月 Journal of the Physical Society of Japan, Papers of Editors' Choice(高田君,土井先生との共同研究)
4) 2011年5月 日本接着学会進歩賞
5) 2015年11月 Best Presentation Award, Malaysian International Tribology Conference
■最近の研究発表
(山口発表分のみ)
1) 山口哲生,赤峯彰,澤江義則,ヤモリ模擬粘着剤の接着・剥離ダイナミクス,日本物理学会年次大会,2016年3月, 東北学院大学
2) T. Yamaguchi, Stick-slip friction of polymer gels with controlled asperities, seminar, Department of Geophysics, Stanford University
3) 山口哲生,粘着・剥離メカニズムとその制御,R&D支援センター,2016年3月,江東区産業会館
4) 山口哲生,やわらかい粘弾性体の低摩擦・高摩擦,第61回トライボロジー先端講座,2016年3月,機械振興会館
5) T. Yamaguchi, Slip avalanches of gels with controlled asperities, YITP Workshop on Avalanches, plasticity,and nonlinear response in nonequilibrium solids, Kyoto University
6) 山口哲生,やわらかい物質の物理学,市民勉強会,2016年3月,静岡県立大学
■所属学会 - 日本物理学会(新著紹介委員(2008-2010),領域12世話人(2009-2010))
- 日本接着学会(粘着研究会・産学協同研究)
- 日本地震学会
- 日本トライボロジー学会
- Americal Geophysical Union
- 地球惑星科学連合
- 日本機械学会
-----------------------------------------------------------------
Address
〒819-0395 福岡県福岡市西区元岡744
九州大学大学院工学研究院機械工学部門 設計工学研究室
Phone: 092-802-3072
Email: yamaguchi★mech.kyushu-u.ac.jp