九州大学 エンジンシステム研究室
Engine Systems Laboratory, Kyushu University
トップペイジ
トピックス
研究内容
スタッフ
フォトギャラリー
卒業生
E-mail
English site
流れを伴う希薄予混合気の火花点火特性向上
ガソリンエンジンでは点火プラグによる火花点火が行われるが,特に希薄混合気を用いる場合は燃焼室内に混合気の流れが存在する条件でも確実な点火および火炎伝播を行わせることが重要である.本研究では点火プラグの形状を変更して高速気流中の希薄予混合気の点火特性を実験的に調査し,安定な火花点火方法を確立する.