九州大学 エンジンシステム研究室
Engine Systems Laboratory, Kyushu University
トップペイジ
トピックス
研究内容
スタッフ
フォトギャラリー
卒業生
E-mail
English site
希薄予混合気のジェット点火に関する研究
希薄予混合気を確実に点火し燃焼速度を十分大きくするための手法として,活性ラジカルを混合気中に噴射するパルスジェット(Pulsed Flame Jet, PFJ)点火方式についての研究を行う.予混合気は室温・大気圧のものから高温・高圧のものまでを扱う.また,定容容器内においてパルスジェットによって点火され伝播する火炎を対象にOH,CH,C2などのラジカルについて,イメージインテンシファイアを用いた自発光計測,またパルスYAGレーザと色素レーザを用いた平面レーザ誘起蛍光法(PLIF)による蛍光計測を行い,燃焼過程,および燃焼促進機構についての検討を行う.

Normal spark ignition


By PFJ, Vp = 170 mm3, d = 2.5 mm


By PFJ, Vp = 170 mm3, d = 4.0 mm

Fig. 3 Schlieren records of combustion in methane-air mixture, f = 0.8
from left: 1, 3, 5, 7, 9 ms after spark discharge



By PFJ, Vp = 170 mm3, d = 2.5 mm


By PFJ, Vp = 340 mm3, d = 2.5 mm

Fig. 4 PLIF images of OH, viewed region: 36mm * 44 mm, methane-air mixture, f = 0.8
from left: 0.4, 0.6, 0.8, 1.0, 1.5, 3.0, 4.5 ms after spark discharge