九州大学大学院 工学研究院 機械工学部門 熱流体物理研究室 Thermofluid Physics Laboratory
English page
カーボンナノチューブ(CNT)の生成と熱工学への応用

基礎:大量生成・高純度生成 

技術が確立
今度の課題 → ナノスケールでの構造制御

構造制御を目的とした基礎研究
深い焦点深度を持つベッセルビームの適用
カーボンナノチューブイメージ
図イメージ

応用:CNTナノ流体の開発

ナノ流体:ナノ粒子やCNTを分散させた溶液

純流体と比較して熱伝導率が向上? → 正確な測定が困難
非定常短細線法による熱物性測定 → マイクロ熱交換器への適用