九州大学 エンジンシステム研究室
Engine Systems Laboratory, Kyushu University
トップペイジ
トピックス
研究内容
スタッフ
フォトギャラリー
卒業生
E-mail
English site
予混合圧縮着火(HCCI)に関する研究
予混合圧縮着火(HCCI)エンジンは新しい燃焼方式のエンジンとして注目されている.ガソリンエンジンからのアプローチとしては,希薄予混合気の利用により排気中の窒素酸化物(NOx)の低減と熱効率の向上が期待される.一方,ディーゼルエンジンからのアプローチとしては,排気中のNOxと微粒子の同時低減,特に微粒子の劇的な低減が期待される.しかし,燃焼開始を自己着火に頼るこの燃焼方式では,着火時期の直接的な制御ができないことが最大の問題である.そこで本研究は,カムを利用したコンパクトな急速圧縮装置を用い,自己着火特性が異なる燃料による予混合圧縮着火燃焼実験を行う.燃焼圧力測定,着火時のラジカル自発光計測などを行うことにより,着火の機構を調べ,着火時期の制御方法の検討を行う. また,希薄可燃限界内の混合気の確実な点火と燃焼促進のための手段としてパルスジェット(PFJ)による点火を適用する.そこで,パルスジェットの容積的な初期燃焼が予混合気の自己着火のトリガーとして働くことを期待して,パルスジェットによる燃焼過程を調べ,着火時期制御の可能性を調べる.