実績

主要論文

  1. Toda, Li, et al., Surrogate-based optimization of microstructural features of structural materials, Acta Materialia, 257(2023), 119188
  2. Wang, Toda, et al., Switching nanoprecipitates to resist hydrogen embrittlement in high-strength aluminum alloys, Nature Communications(インパクトファクター16.6), 13(2022), 6860
  3. Fujihara, Toda, et al., Suppression of hydrogen embrittlement due to local partitioning of hydrogen to dispersed intermetallic compound particles in Al-Zn-Mg-Cu alloys, Materials Transactions(インパクトファクター1.2), 63(2022), 1406-1415 論文賞
  4. Xu, Toda, et al., Suppressed hydrogen embrittlement of high-strength Al alloys by Mn-rich intermetallic compound particles, Acta Materialia(インパクトファクター9.4), 236(2022), 118110
  5. Wang, Toda, et al., In-situ 3D observation of hydrogen-assisted particle damage behavior in 7075 Al alloy by synchrotron X-ray tomography, Acta Materialia(インパクトファクター9.4), 227(2022), 117658
  6. Toda, Hirayama, et al., Multimodal assessment of mechanically induced transformation in metastable multi‐phase steel using X‐ray nano‐tomography and pencil‐beam diffraction tomography, Acta Materialia(インパクトファクター9.4), 234(2022), 117956
  7. Hirayama, Toda, et al., Damage micromechanisms of stress corrosion cracking in Al-Mg alloy with high magnesium content, Corrosion Science(インパクトファクター7.720), 184(2021), 109343
  8. Tsuru, Toda, et al., Hydrogen-accelerated spontaneous microcracking in high-strength aluminium alloys, Scientific Reports(インパクトファクター4.380), 10(2020), 1998
  9. Su, Toda, et al., Assessment of hydrogen embrittlement via image-based techniques in Al-Zn-Mg-Cu aluminum alloys, Acta Materialia(インパクトファクター7.656), 176(2019), 96-108
  10. Matsuda, Toda, et al., Effect of copper addition on precipitation behavior near grain boundary in AlZnMg alloy, Materials Transactions(インパクトファクター0.731), 60(2019), 1688-1696 論文賞
  11. Su, Toda, et al., Influence of hydrogen on strain localization and fracture behavior in Al-Zn-Mg-Cu aluminum alloys, Acta Materialia(インパクトファクター7.293), 159(2018), 332-343
  12. Toda, Takijiri, et al., Damage micromechanisms in dual-phase steel investigated with combined phase- and absorption-contrast tomography, Acta Materialia(インパクトファクター5.058), 126(2017), 401-412
  13. Toda, Kamiko, et al., Diffraction-amalgamated grain boundary tracking for mapping 3D crystallographic orientation and strain fields during plastic deformation, Acta Materialia(インパクトファクター5.058), 107(2016), 310-324
  14. Li, Toda, et al., Application of diffraction-amalgamated grain boundary tracking to fatigue crack propagation behavior in high strength aluminum alloy, Materials Transactions(インパクトファクター0.689), 56(2015), 424-428 論文賞
  15. Toda, Qu, et al., Formation behaviour of blister in cast aluminium alloy, International Journal of Cast Metals Research(インパクトファクター0.500, 27(2014), 369-377 Best Paper Prize
  16. Toda, Oogo, et al., The true origin of ductile fracture in aluminum alloys, Metallurgical and Materials Transactions A(インパクトファクター1.621), 45A(2014), 765-776
  17. 清水一行、戸田裕之、J.-Y. Buffiere, J. Lachambre、上杉健太朗、小林正和,高分解能4Dイメージングによる球状黒鉛鋳鉄の疲労挙動解析,鋳造工学,86(2014), 19-25 論文賞
  18. 河野亜耶、小林正和、戸田裕之、三浦博己,放射光三次元計測した局所ひずみに基づくアルミニウム合金の変形集合組織形成シミュレーション,軽金属,64(2014), 557-563 論文賞
  19. Gupta, Toda, et al., “Micro-pore development phenomenon in hydrogen pre-charged aluminum alloy studied using synchrotron X-ray micro-tomography”, Applied Physics Letters(インパクトファクター3.515), 103(2013), 171902
  20. Toda, Ohkawa, et al., “Grain boundary tracking technique: four-dimensional visualisation technique for determining grain boundary geometry with local strain mapping”, Acta Materialia(インパクトファクター3.94), 61(2013), 5535–5548
  21. 清水,坂口,酒井,戸田他,「アルミニウム合金のせん断帯における3D/4D破壊力学的評価」,軽金属, 63(2013), 188-195 論文賞
  22. Toda, Tsubone, et al., “Compression and recovery micro-mechanisms in flexible graphite”, Carbon(インパクトファクター6.16), 59(2013), 184-191
  23. Toda, Shamsudin, et al., “Cavitation during high-temperature deformation in Al-Mg alloys”, Acta Materialia(インパクトファクター3.94), 61(2013), 2403-2413
  24. Seo, Tomizato, Toda, et al., “Spatial resolution of synchrotron X-ray microtomography in high energy range: Effect of X-ray energy and sample-to-detector distance”, Applied Physics Letters(インパクトファクター3.794), 101(2012), 261901
  25. Toda, Masuda, et al., “Statistical assessment of fatigue crack initiation from sub-surface hydrogen micropores in high-quality die-cast aluminum”, Acta Materialia(インパクトファクター3.755), 59(2011), 4990–4998
  26. Toda, Maire, et al., “In situ observation of ductile fracture using X-ray tomography technique”, Acta Materialia(インパクトファクター3.755), 59(2011), 1995–2008
  27. Toda, Nishimura, et al., “Influence of high-temperature solution treatments on mechanical properties of an Al-Si-Cu aluminum alloy”, Acta Materialia(インパクトファクター3.781), 58(2010), 2014-2025
  28. Toda, Yamaguchi, et al., “Four-dimensional annihilation behaviors of micro pores during surface cold working”, Materials Transactions(インパクトファクター0.795), 51(2010), 1288-1295 論文賞
  29. Zhang, Toda, et al., “Three-dimensional fatigue crack growth behavior in an aluminum alloy investigated with in situ high-resolution synchrotron X-ray microtomography”, Acta Materialia(インパクトファクター3.760), 57(2009), 3287-3300
  30. Toda, Minami, et al. “Healing behavior of preexisting hydrogen micropores in aluminum alloys during plastic deformation”, Acta Materialia(インパクトファクター3.760), 57(2009), 4391–4403
  31. Toda, Hidaka, et al. “Growth behavior of hydrogen micropores in aluminum alloys during high-temperature exposure”, Acta Materialia(インパクトファクター3.760), 57(2009), 2277–2290
  32. 増田,戸田他, 「熱処理したアルミニウム合金ダイカストで新たに見つかった鋳肌欠陥とその疲労特性への影響」, 鋳造工学, 81(2009), 475-481 論文賞
  33. Toda, Yamamoto, et al., “Direct measurement procedure for 3-D local crack driving force using synchrotron X-ray microtomography”, Acta Materialia(インパクトファクター3.729), 56(2008), 6027-6039
  34. Qian, Toda, et al, “Direct observation and image-based simulation of three-dimensional tortuous crack evolution inside opaque materials”, Physical Review Letters(インパクトファクター7.180),100(2008),115505
  35. Weck, Wilkinson, Maire and Toda, “Visualization by X-ray tomography of void growth and coalescence leading to fracture in model materials”, Acta Materialia(インパクトファクター3.729), 56(2008), 2919-2928
  36. Kobayashi, Toda, et al., “High-density three-dimensional mapping of internal strain by tracking microstructural features”, Acta Materialia(インパクトファクター3.729), 56(2008), 2167-2181
  37. Li, Toda, et al. “Wavelet-based local region-of-interest reconstruction for synchrotron radiation X-ray microtomography”, Journal of Applied Physics(インパクトファクター2.171), 102(2007), 114908-1-9
  38. Toda, Uesugi, et al. “Three-dimensional observation of nanoscopic precipitates in an aluminium alloy by microtomography with Fresnel zone plate optics”, Applied Physics Letters(インパクトファクター3.977), 89(2006), 143112
  39. Qian, Toda, et al., “Experimental and numerical investigations of the effects of the spatial distribution of α phase on fracture behavior in hypoeutectic Al-Si alloys”, Acta Materialia(インパクトファクター3.549), 54(2006), 4881-4893
  40. Qian, Toda, et al., “Application of synchrotron X-ray microtomography to investigate ductile fracture in Al alloys”, Applied Physics Letters(インパクトファクター4.127), 87(2005), 241907
  41. Toda, Kantano, et al. “Assessment of thermo-mechanical fatigue behaviors of cast Al-Si alloys by experiments and multi-step numerical simulation”, Materials Transactions(インパクトファクター1.103), 46(2005), 111-117 小林賞
  42. Toda, Sinclair, et al, “3D measurement procedure for internal local crack driving forces via synchrotron X-ray microtomography”, Acta Materialia(インパクトファクター3.490), 52(2004), 1305-1317
  43. Khor, Toda, et al., “In-situ high resolution synchrotron X-ray tomography of crack closure micromechanisms”, Journal of Physics: Condensed Matter(インパクトファクター2.049), 16(2004), S3511-S3515  TOP PAPERS 2004
  44. 戸田,澤村他:「強加工in-situ複合材料技術を利用した金属切削粉のアップグレードリサイクル」,軽金属, 54(2004), 418-424 論文賞
  45. Toda, Sinclair, et al., “Assessment of fatigue crack closure phenomenon in damage tolerant aluminium alloy by in-situ high-resolution synchrotron X-ray microtomography”, Philosophical Magazine A(インパクトファクター1.409), 83(2003), 2429–2448
  46. 戸田,水谷他, 「6082溶接材の各部の破壊靱性」, 軽金属, 51(2001), 163-168 論文賞

外部資金

  1. 令和3年度~令和5年度:文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(A)「超高分解能X線顕微鏡が拓く3D/4Dマルチスケール・マルチモーダル材料科学」
  2. 令和元年~令和6年度:受託研究 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 チーム型研究(CREST)「ナノ~マクロを繋ぐトモグラフィー:界面の半自発的剥離」
  3. 平成29年度〜令和2年度:文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(A)「超高倍率X線顕微鏡が拓く3D/4Dメゾスケール材料科学」
  4. 平成26年度〜平成30年度:受託研究 SIP「「界面」を通じた構造材料における未解決課題克服のための技術構築に関する研究」
  5. 平成26年度〜平成31年度:受託研究 産学共創基礎基盤研究「水素分配制御によるアルミニウム合金の力学特性最適化」
  6. 平成24年度〜平成25年度:文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究「物理限界を超える超高分解能3Dイメージングの実現」
  7. 平成24年度〜平成28年度:文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(S)「リバース4D材料エンジニアリングによる材料開発プロセス革新」
  8. 平成22年度~平成24年度:文部科学省科学研究費補助金 特別研究員奨励費特別枠 「水素環境下での金属変形挙動の3D/4D解析」
  9. 平成20年度~平成23年度:文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(A)「3D/4Dマテリアルサンエインスのための新しい結晶方位イメージング手法の創製」
  10. 平成20年度~平成22年度:文部科学省科学研究費補助金 特別研究員奨励費特別枠 「シンクロトロン放射光3Dイメージングベース破壊解析」
  11. 平成18年度~平成19年度:文部科学省科学研究費補助金 萌芽研究 「ナノ~ミクロをズームできる新しい三次元観察ツール:TEMによらないナノ組織観察」
  12. 平成18年度~平成20年度:文部科学省科学研究費補助金 特別研究員奨励費特別枠 「シンクロトロンX線マイクロトモグラフィーによる損傷と破壊の三次元可視化」
  13. 平成17年度~平成19年度:文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B)「次世代シンクロトロン放射光ナノトモグラフィーによる4Dマテリアルサイエンスの実現」
  14. 平成16年度~平成18年度:文部科学省科学研究費補助金 特別研究員奨励費特別枠 「先進MEMSデバイスの三次元複雑構造と破壊の超高分解能X線CTによる可視化」
  15. 平成15年度~平成16年度:文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)「超高分解能シンクロトロン放射光CTによる局所き裂進展駆動力の3Dその場評価の実現」
  16. 平成12年度~平成13年度:文部省科学研究費補助金 奨励研究(A)「亀裂伝播シミュレーションによる実用アルミニウム材料の破壊挙動の制御」

受賞

  1. 日本金属学会 第62回谷川ハリス賞, 2023.3.
  2. 公益財団法人本多記念会 第17回本多フロンティア賞, 2020.11.
  3. 令和元年度 軽金属学会 功績賞,2019.05.
  4. 文部科学大臣表彰 科学技術賞, 文部科学省, 2015.04.
  5. IJCMR 最優秀論文賞, Maney Publishing, 2015.03.
  6. 平成26年度 日本鉄鋼協会 西山記念賞, 日本鉄鋼協会, 2014.03.
  7. 平成19年度 第65回日本金属学会功績賞, 日本金属学会, 2007.03.
  8. 平成18年度 日本鋳造工学会 小林賞, 日本鋳造工学会, 2006.05.
  9. Materials Science and Engineering A, The Science Direct TOP25 Hottest Articles, 2005.05.
  10. 平成16年度 軽金属学会躍進賞, 軽金属学会, 2004.11.
  11. 平成13年度 日本材料学会学術奨励賞, 日本材料学会, 2002.05.
  12. 平成10年度 軽金属学会 第16回軽金属奨励賞, 軽金属学会, 1998.10.
  13. 軽金属学会 論文賞(6回)
  14. 日本金属学会 論文賞(2回)
  15. 日本鋳造工学会 論文賞(2回)

国際会議招待講演

  1. 令和5年12月11日~16日:Materials Research Meeting 2023(MRM2023),(京都)
  2. 令和4年9月4日~9月8日:The 18th International Conference on Aluminium Alloys(ICAA18),(富山)
  3. 令和3年12月13日~12月16日:Materials Research Meeting 2021(MRM2021),(横浜)
  4. 令和2年10月26日~10月29日:The 17th International Conference on Aluminium Alloys(ICAA17), (online/フランス・グルノーブル)
  5. 令和元年10月15日〜16日:The 9th international light metals technology conference (LMT2019),(中国・上海)
  6. 令和元年10月14日:上海交通大学 材料科学与行程学院, 招待講演,(中国・上海)
  7. 令和元年8月18日〜21日:The 10th Pacific Rim International Conference on Advance Materials and Processing (PRCIM-10),(中国・西安)
  8. 平成28年5月29日〜6月5日:9th International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials (Thermec 2016), (オーストリア・グラーツ)
  9. 平成27年9月20日〜26日:EUROMAT 2015 ” In-situ Micro- and Nano-Mechanical Characterization and Size Effects, High Throughput and Rapid Mechanical Testing”シンポジウム,(ポーランド・ワルシャワ)
  10. 平成27年3月16日〜22日:IUTAM Symposium: Ductile Fracture and Localization,(フランス・パリ)
  11. 平成25年8月4〜8日:The 8th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing (PRICM8),(ハワイ・Waikoloa)
  12. 平成24年8月11日〜17日:SPIE Conference; Developments in X-ray Tomography (SPIE),(アメリカ・サンディエゴ)
  13. 平成24年6月3日〜13日:The 13th International Conference on Aluminium Alloys (ICAA13) 参加(アメリカ・ピッツバーグ)およびSEM XII International Congress & Exposition on Experimental & Applied Mechanics (SEM XII)(アメリカ・Costa mesa)
  14. 平成23年10月12日〜17日:A workshop to promote the use of high-energy x-ray diffraction experiments and detailed computational analyses for understanding multiscale phenomena in crystalline materials (HEXD-MM),(アメリカ・アルゴンヌ)
  15. 平成22年10月15日〜24日:69th World Foundry Congress (WFC2010)(中国・杭州)および東北大学(瀋陽), 中国科学院金属研究所(瀋陽), 燕山大学(秦皇島)
  16. 平成21年2月27日〜3月5日:XXVIII Colloquium on Metal Forming,(オーストリア・Planneralm)
  17. 平成20年11月3日〜8日:2008 Asian Forum on Light Metals(AFLM),(韓国・済州島)
  18. 平成19年10月7日〜12日: The 10th International Conference on Advanced Materials (IUMRS-ICAM 2007) およびインド科学大学訪問・講演,(インド・バンガロール)
  19. 平成18年5月18日〜20日:International Porous Metals Symposium,(韓国慶尚大学校,韓国・晋州市)
  20. 平成15年7月5日〜9日:International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials (Thermec2003),(スペイン・マドリード)
  21. 平成12年12月3日〜10日:International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials (Thermec 2000),(アメリカ・ラスベガス)

新聞記事

  1. 令和4年12月5日 九州大学など、強くて壊れないアルミニウム実現 新たな粒子で「水素脆化」を防止(日刊自動車新聞10面)
  2. 令和4年11月25日 水素の影響受けない高強度アルミ 九大など創製(科学新聞3面)
  3. 令和4年11月24日 強度・信頼・両立(日刊工業新聞21面)
  4. 令和4年11月21日 九大・岩手大・京大・高輝度光科学研究センター・JST、水素の影響を受けない新しい高強度アルミニウムを創製(日本経済新聞 電子版)
  5. 令和4年5月23日 京大と九大、TRIP鋼の相変態挙動を直接観察 車用鋼板材の設計指針に(日刊工業新聞)
  6. 令和4年3月30日 アルミ合金の強度向上 九州大、航空機などに応用見込む(日経産業新聞、日本経済新聞)
  7. 令和4年2月28日 九州大学など研究チーム、アルミ合金の3四半世紀ぶり進化にめど「水素脆化防止剤」で強度・延性向上(日刊自動車新聞20面)
  8. 令和4年2月9日 九大らチーム、アルミ合金水素脆化問題解決へ(航空新聞社)
  9. 令和4年2月9日 九大など、高強度アルミニウム合金の破壊防止法を確立(日本経済新聞Web版)
  10. 令和2年6月18日 アルミ合金 水素でもろく 原子力機構など原因解明(日刊工業新聞21面)
  11. 令和2年4月7日 高強度アルミ、水素でもろく 析出物が組織を破壊 原子力機構 観測し解明(電気新聞2面)
  12. 令和2年4月13日 原子力機構と九州大、富山大 アルミの水素脆弱化現象を解明 高強度合金の開発加速に期待(鉄鋼新聞5面)
  13. 令和2年4月14日 アルミの水素劣化 仕組み解明(日経産業新聞『日経テレコン21』6面)
  14. 令和2年4月7日 アルミニウム脆化(ぜいか)解明 富大グループがより強い合金開発へ 原因の水素、粒子に封じ込め(富山新聞24面)
  15. 令和2年4月24日 『水素脆化の原因』アルミの自発的破壊現象解明(科学新聞)
  16. 令和2年4月27日 アルミの剥離現象解明 富山大の松田教授ら研究グループ 安価で高強度 合金開発期待(北日本新聞22面)
  17. 令和元年8月21日 アルミ合金の水素劣化解明(日経産業新聞)
  18. 平成29年4月18日 鉄鋼材料の“4次元観察”鋼の謎、X線CTで解明(鉄鋼新聞5面)
  19. 平成29年1月24日 九大、自動車用鋼板の破壊メカニズムを解明(日本経済新聞 電子版)
  20. 平成29年1月25日 ハイテン破壊機構特定 硬い金属相の割れ主因 九大 新日鐵住金(日刊工業新聞27面)
  21. 平成27年4月7日 アルミ鋳物加熱で欠陥現象 発生原理を解明 九大(日刊工業新聞19面)
  22. 平成25年10月15日 UACJと九州大が共同研究/高強度アルミ合金開発へ/「超々ジュラルミン」超え目指す(鉄鋼新聞 8面)
  23. 平成25年10月15日 九大、従来の定説とは異なるアルミニウムの真の破壊メカニズムを解明(OPTORONICS(WEBジャーナル))
  24. 平成25年8月9日 金属組織の新たな4D観察法を開発−九州大の戸田教授等成果 材料研究「飛躍的に向上」(科学新聞 2面)
  25. 平成25年7月16日 九大、金属材料の破壊を解析するための新しい4D評価技術を開発(OPTORONICS(WEBジャーナル))
  26. 平成25年7月15日 九大、金属材料向け新技術開発−変形や破壊を4Dで評価(日刊工業新聞(11面))
  27. 平成24年7月28日17時過ぎ 構造材料のサイエンス(エフエム豊橋)
  28. 平成24年1月 ダイカスト材の疲労破壊の原因「ポア(気泡)」を解明〜材料開発はもっとスマートになる〜(SPring-8 News 2〜4面)
  29. 平成23年6月3日 ダイカスト材疲労破壊現象の解明成功 自動車部品の高性能化期待 豊橋技科大とアーレスティなど(東愛知新聞(2面))
  30. 平成23年6月4日 ダイカスト材疲労破壊現象の解明成功 豊橋技科大、アーレスティが世界初(東日新聞(2面))
  31. 平成23年6月6日 ダイカスト材の疲労破壊現象の解明に成功 自動車部品のさらなる信頼性向上と高性能化への期待(化学工業日報3面):記事無し
  32. 平成23年6月17日 ダイカスト材の疲労破壊現象を解明 自動車部品の信頼向上に道 豊橋技科大、アーレスティなど成功(科学新聞(6面))
  33. 平成23年6月17日 ダイカスト材疲労破壊現象を解明 気孔密度で寿命に差(日刊工業新聞(24面))
  34. 平成23年1月28日 材料内部撮影を高速化 豊橋技科大 仏の放射光施設利用(日刊工業新聞)
  35. 平成23年1月28日 シンクロトロン放射光で金属破壊撮像速度3000倍に 豊橋技科大など成功(科学新聞)
  36. 平成23年1月26日 金属破壊観察に成功 豊橋技科大 3D検証法で初めて(中部経済新聞)
  37. 平成23年1月22日 金属破壊の観察に成功 豊橋技科大の戸田教授が快挙(東日新聞)
  38. 平成18年12月27日 材料に力かけ内部変形分析 芝浦工大などソフト開発(日経産業新聞)
  39. 平成18年9月27日アルミ材微粒子 3次元で観測 豊橋技科大 軽量材開発に応用(日経産業新聞)
  40. 平成18年4月5日 東三河では技科大の2研究者に 助成金の通知書伝達式(東日新聞)
  41. 平成15年4月18日 豊橋技科大 金属切削粉を再利用 常温で固め強度1.7倍(日本経済新聞)
  42. 平成15年4月17日 金属切削粉を再利用 常温で固め強度1.7倍 豊橋技科大 摩擦時の歪み利用(日経産業新聞)
  43. 平成15年4月1日 アルミ内部の精密組織観察成功 豊橋技科大など大型放射光施設で(日本経済新聞)
  44. 平成15年3月26日 アルミ内部精密に仏の放射光施設で観察 日英グループ(日経産業新聞)
  45. 平成11年5月13日 超高強度スーパーアルミ線材の開発に成功(日刊工業新聞)

PAGE TOP