九州大学 工学研究院 機械工学部門

機械振動学



科目番号: 6214
授業科目区分: 機械工学コース必修
対象学生: 機械航空工学科 機械工学コース
対象学年: 3年生
開催学期: 後期
単位数: 2単位
担当教官: [近藤(孝)教授,松崎助教授]
[金光教授,雉本助教授]
[末岡教授,井上助教授]
履修条件: 力学基礎・演習Ⅰ,同Ⅱ,工業力学および機械力学の内容を十分に理解しておくこと.また,機械振動学演習を必ず受講すること.
目的: 機械振動の多様性とその発生メカニズムの理解を通して,可能な限り抜本的な防振理論・技術の修得を目指す.また,その前提となる振動現象のモデル化の方法および振動解析法 について学習する.
授業の概要:
1.1自由度系の振動の基礎     5.連続体の振動
  1.振動現象とモデリング      1.連続体の振動の具体例
  2.自由振動および強制振動     2.波動方程式と波動解
    の基本的特性          3.モード解析と級数解
                    4.真直はりの曲げ振動
2.多自由度系の振動とモード解析
  1.多自由度系の具体例と    6.エネルギー法による近似解法
   その特徴             1.レイリー法
  2.モード解析の基礎        2.レイリー・リッツ法
  3.自由振動            3.ガレルキン法
  4.強制振動
                  7.マトリックス振動解析
3.振動数値解析            1.伝達マトリックス法
  1.振動数方程式の求解法      2.有限要素法
  2.固有値解析法
  3.時刻歴応答解析法      
                 
4.振動制御            
  1.防振理論・技術の基本的な  
    考え方
  2.動吸振器
  3.各種ダンパ
  4.アクティブ制御
授業の進め方: 教科書を用いて,ノート講義を行う. 並行して開講される機械振動学演習と密接な連携を図りつつ授業を進める.
教科書
および参考図書:
末岡・金光・近藤著 「機械振動学」 朝倉書店
成績評価: 期末試験の成績および出席状況によって評価し,60点(100点満点)以上が合格.
備考: 遅刻は一切認めない.
出席が2/3以上に達しない学生は再履修となる.

注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ