九州大学 工学研究院 機械工学部門

流体工学演習



科目番号: 6233
授業科目区分: 機械工学コース必修
対象学生: 機械工学コース
対象学年: 3年
開催学期: 前期
単位数: 1単位
担当教官: 井上雅弘教授・深野徹教授・古川明徳教授
古川雅人助教授・渡部正夫助教授・渡邉聡助教授
履修条件: 「流体工学第一」および「流体工学第二」を履修していること
目的: 「流体工学第一」および「流体工学第二」において学んだ流体運動の解析手法とその応用技術を習得することにより,流体がもたらす諸現象を深く理解する.
授業の概要:
第1週.流体運動の基本法則を用いた演習I
第2週.流体運動の基本法則を用いた演習II
第3週.流体運動の基本法則を用いた演習III
第4週.流体運動の基本法則を用いた演習IV
第5週.流体運動の次元解析と相似則に関する演習
第6週.完全流体の力学に関する補足講義
第7週.完全流体力学に関する演習I
第8週.完全流体力学に関する演習II
第9週.粘性流体の力学に関する補足講義
第10週.粘性流体力学に関する演習I
第11週.粘性流体力学に関する演習II
第12週.圧縮性流体の力学に関する演習
授業の進め方: 演習時には,毎回試験形式で演習を行い,時間の終わりに解答を板書して正解を求める.各自が書いた解答は回収して,理解度を調査する.また,理解度を深めるために,適宜,補足講義を行う.
教科書
および参考図書:
「流体工学第一」および「流体工学第二」において用いた教科書,または配付プリント
成績評価: 回収した演習の解答から理解度を調査し,出席状況を加味して評価する.
備考: 不合格者はすべて再履修とする.





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ