九州大学 工学研究院 機械工学部門

航空機強度



科目番号: 6441
授業科目区分: 航空宇宙工学コース必修
対象学生: 航空宇宙工学コース
対象学年: 3年
開催学期: 前期 毎週2時間
単位数: 2単位
担当教官: 室園 昌彦 助教授
履修条件: ・「材料力学」を履修していることが望ましい。
・常微分方程式、偏微分方程式の初等的な素養があることが望ましい。
目的: 航空機、宇宙機あるいは大規模な宇宙構造物などは、一般に軽量であることを要求され、そのため柔軟な構造となることを強いられる。このような軽量、柔軟な構造の研究や、設計・開発のための基礎となる基本的な薄肉構造要素が種々の荷重を受ける場合の、変形、応力の解析手法に関しての基礎的な概念を修得することを目的とする。
授業の概要:

 1. 軸荷重と横方向荷重を受けるビームカラム(1)
 2.        〃           (2)
 3. 薄肉断面のはりの曲げ(1)
 4.    〃      (2)
 5. 薄肉断面のはりのねじり(1)
 6.    〃       (2)
 7. 平板の曲げ(1)
 8.  〃   (2)
 9.  〃    (3)
10. 平板の大たわみの基礎と平板の座屈(1)
11.        〃        (2)
12.        〃        (3)


授業の進め方: 基本的には講義形式で進められる。必要に応じて演習問題(宿題)を課す。
教科書
および参考図書:
教科書は利用しない。ノート講義が中心で必要に応じてプリントの配布等で補う。
参考書は適宜紹介する。
成績評価: 期末試験の成績と、演習問題(宿題)、出席を総合的に勘案して評価する。
備考: なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ