九州大学 工学研究院 機械工学部門

日本語コミュニケーション



学部/修士:学部
科目番号:6013
授業科目名:日本語コミュニケーション
授業科目区分:専攻教育科目
必修/選択:必修
対象学生:機械航空工学科
対象学年:4年生
開催学期:前期
開催曜日・時限:火曜日・5時限
単位数:
担当教官:機械航空工学科(機械工学コース)全教官 
履修条件:なし
授業の目的:日本語による論理的な記述力,口頭発表力,討議等のコミュニケーション能力の向上を目的とする.
授業の目標:1.理工系の作文技術を向上させる.すなわち,「事実」と「自分の考え」を明確にした論理的,客観的な文章作成能力や表現能力を養うこと.
2.多数の面前での発表能力,および聴衆との討論能力を養うこと.
授業計画:教官から与えられた次のテーマについて,作文技術・とりまとめ技術・発表技術を訓練する.

第1回     ガイダンス(1回,受講生全体講義)
第2回〜第4回 テーマI:機械工学に関する文献の要約を教員に
            レポートする.(レポートの作成)
第5回〜第7回 テーマII:自分の卒業研究内容を紹介する
            (企業の就職担当者向け,あるいは
             高校生向けにレポートの作成).
第8回〜第10回 テーマIII:機械航空工学科とは何か,機械工学と
              はどんなことをするのか,を高校生向
              けに紹介する(レポートの作成).
第11回〜第14回 上記テーマのうち一つを発表会にて発表
          (準備・発表のリハーサル2回,発表会2回)
授業の進め方:卒業研究配属先の各指導教官が本講義を担当する.
原則として決められた講義時間に担当教官と相談しながら作業を進める.
授業計画5.の発表会は,数研究室でグループを作って行う.受講生は発表能力だけでなく質問能力も要求される.
教科書および参考図書等:共通テキスト:木下是雄著,「理科系の作文技術」,中公新書
個別テキスト:テーマごとに担当教官が指示する 
参考書:川喜田二郎著,「発想法」,中公新書,他(担当教官が指示する)
試験・成績評価等:出席を要求される授業の2/3以上に出席した者に対して,授業で作成を要求されるレポートや資料に対する評価40点,発表会の発表・質問能力に対する評価20点,毎回の授業への取り組み姿勢に対する評価20点,初回のガイダンスでの演習20点の合計100点満点で評価し,60点以上を合格とする.
備考:なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ