九州大学 工学研究院 機械工学部門

熱力学演習



学部/修士:学部
科目番号:6242
授業科目名:熱力学演習
授業科目区分:専攻教育科目
必修/選択:必修
対象学生:機械工学コース
対象学年:2年生
開催学期:後期
開催曜日・時限:水曜日・2時限目
単位数:
担当教官:高田保之 助教授(クラスA)
履修条件:「熱力学(6241)」を履修済みか履修中であること.
授業の目的:演習により「熱力学(6241)」の講義の理解を深め,具体的な熱工学的諸問題の解決に応用できる能力を身に付ける.
授業の目標:熱力学の第一法則,理想気体の状態変化,熱力学の第二法則を十分に理解し,熱力学サイクル計算などの応用問題の解法を身に付ける.
授業計画:「熱力学(6241)」の講義の進捗状況に合わせて,熱力学の第一法則,理想気体の状態変化,熱力学の第二法則,物質の普遍的性質と有効エネルギー,蒸気と湿り空気,熱機関と冷凍機に関する演習問題を解く.
授業の進め方:毎回演習と解答の解説を行う.適宜宿題を課すので,レポートとして提出すること.
教科書および参考図書等:「熱力学(6241)」のテキストと同じものを使用する.
試験・成績評価等:レポート(70点)と授業中の理解度(30点)を総合して判定し,60点以上を合格とする.なお,出席日数が2/3に満たない者,およびレポートを提出しない者および程度の低いレポートを提出した者は不合格(再履修)と判定する.
備考:なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ