九州大学 工学研究院 機械工学部門

宇宙利用学



科目番号: 6502
授業科目区分: 航空宇宙工学コース選択必修
対象学生: 航空宇宙工学コース
対象学年: 4年
開催学期: 前期 毎週2時間
単位数: 2単位
担当教官: 大田 治彦 教授
履修条件: 熱設計基礎論を履修していることが望ましい。
目的: 熱流体現象に関連の宇宙利用科学や技術を理解するための基礎知識を修得する。
授業の概要:

1. 宇宙環境と微小重力
   1.1 宇宙環境の特色
   1.2 地上における重力
   1.3 微小重力環境
   1.4 微小重力実験手段
   1.5 g-jitter重力変動
2. 流れと熱・物質伝達の支配方程式
   2.1 輸送現象の相似性
   2.2 運動量式
   2.3 エネルギー式
   2.4 物質伝達式
   2.5 無次元数
3. 表面張力とマランゴニ対流
   3.1 表面張力
   3.2 自由表面形状と接触角
   3.3 マランゴニ対流
   3.4 微小重力下におけるマランゴニ対流の実験
4. 蒸気の性質と臨界現象
   4.1 基礎事項
   4.2 臨界点の性質
   4.3 微小重力下における臨界現象の実験
5. 沸騰現象
   5.1 気泡に働く力
   5.2 プール沸騰熱伝達
   5.3 強制流動沸騰熱伝達
   5.4 微小重力下における沸騰熱伝達の実験
6. 宇宙におけるエネルギー問題
   6.1 宇宙におけるエネルギー需要
   6.2 排熱処理システム
   6.3 宇宙における熱エネルギーの有効利用


授業の進め方: 講義形式で進めるが、演習も行う。
教科書
および参考図書:
教科書は使用せず、ノート講義とする。適宜プリントを配布する。
成績評価: 出席、宿題レポート、試験により総合的に評価する。
備考: なし





注意:内容についての問い合わせは,担当教官にお願いします.

このページの先頭へ